大正ブルーベリー モニター

大正ブルーベリーがモニター募集を開始

大正製薬のブルーベリーサプリメント「大正ブルーベリー」がモニター募集を開始しました。

 

お試ししたいな〜と思っていた人はチャンスですね^^

 

初回限定で送料無料の1,000円です。

 

どれくらい安くなるかというと、通常価格が3,200円+税だから、1,000円だと半額以下の約68%OFFなんですね。

 

大正ブルーベリーのモニターは終了しました((+_+))

おすすめのサプリメントランキング

大正ブルーベリー,モニター,お試し

 

大正ブルーベリー,モニター,お試しラジオでお馴染みのアサイベリーサプリ!/ずっと半額コース、送料無料!

 

大正ブルーベリー,モニター,お試し1日1粒(目安)32mgのルテイン「メニールテイン ゼア」

 

大正ブルーベリー,モニター,お試し定期初回半額以下 国内初のひとみクッキリサプリ【朝のルテイン&プラセンタ】

 

大正ブルーベリー,モニター,お試し700万袋突破!やわたの【北の国から届いたブルーベリー】

 

大正ブルーベリー,モニター,お試し【ゆがみ・かすみ・乾き】くっきり!!ブルーベリーとは違う!

 

大正ブルーベリー,モニター,お試しクリアな世界に【なごみアイ】

 

大正ブルーベリー,モニター,お試しブルーライトを浴び続ける現代人のために!ルテインサプリ

 

大正ブルーベリーはこんな人におすすめ

  • 新聞を読むのがおっくうになってきた
  • 携帯の画面がチカチカ
  • パソコンのやりすぎ
  • スマホをよく使う
  • ショボつきや乾燥がきになる
  • 細かい作業がしにくい

 

大正ブルーベリー,モニター,お試し

 

おすすめ目のサプリランキングへ

 

アントシアニンが目によい理由

海外では薬として認可され、日本ではサプリとして効果を発揮しているアントシアニン。

 

これは、ブルーベリーやビルベリーなどに多く含まれていることが知られていますよね。

 

大正ブルーベリー,モニター,お試し

 

ところで、なぜアントシアニンが目によいのかご存知でしょうか。
疲れ目や目のしょぼしょぼ、見にくくなったなどの症状に、アントシアニンが効果的な理由をご説明しましょう。

 

そもそも、目はものを見ているのではありません。
目は、光を感じるものです。

 

網膜に当たった光を電気信号に変換して脳に送ることで、脳がそれを認識しているという仕組みです。

 

疲れ目が起こる原因は、光を電気信号に変換する作業が追いつかなくなることにあります。
網膜にあるロドプシンという物質は、光を感知すると分解され、すぐに再合成されます。

 

再び光を感じるとまた分解され、またすぐに合成されて。
これを繰り返すことで電気信号を作り出し、脳に情報を届けているのです。

 

ところが、目を酷使することで、ロドプシンの再合成が追いつかなくなっていきます。
これによって、疲れ目や見にくくなるなどの症状が起きるのです。

 

疲れたロドプシンを救う物質こそが、ブルーベリーやビルベリーに多く含まれるアントシアニン。
アントシアニンが視神経に働きかけることで、ロドプシンの再製を助けているのです。

 

アントシアニンの効果はすぐに現れますが、効き目は24時間だといわれています。
だから、毎日きちんとアントシアニンを取り入れることが肝心なんですね。

 

パソコンやテレビ、運転などで目を酷使する現代において、ブルーベリーのサプリからアントシアニンを取り入れることは、目の健康にとって大切なことだったのです。

 

おすすめ目のサプリランキングへ

 

 

ビルベリーとアントシアニンの秘密

大正ブルーベリー,モニター,お試し

 

ブルーベリーよりもアントシアニンが多いとされるビルベリーは、サプリメントに多く使われています。

 

サプリの名前はブルーベリーでも、原材料はビルベリーだということは少なくありません。

 

ブルーベリーとビルベリー。
その紫色から、アントシアニンの宝庫であることは想像できますよね。

 

でも、ブルーベリーの果実の中が白いのに対して、ビルベリーの果実は中までしっかり紫なんです。
この違いは、それぞれが育つ環境の違いで説明することができます。

 

ブルーベリーは、北アメリカ原産。

 

品種改良されていろいろな場所で育てられています。

 

アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア、日本にもありますね。

 

ビルベリーのほうは、北欧に自生しています。
スウェーデンやフィンランドが中心です。

 

さて、この二つの環境、明らかに違うのはどんなところかお気づきでしょうか。
日本やオーストラリアなどにはなくて、スウェーデンやフィンランドにあるもの。

 

それは、白夜です。
ご存知の通り、夜でも太陽が沈まないのが白夜ですね。

 

アントシアニンは、紫外線から身を守り、酸化を防ぐ役割を持っています。

 

白夜が続く季節には一日中太陽の光を浴びているわけですから、ビルベリーにアントシアニンが増えるのも納得できますよね。

 

果実の色はブルーベリーよりも濃く、含まれるアントシアニンの量は、ブルーベリーの3倍とも5倍ともいわれています。

 

夏の間白夜にさらされたビルベリー。
北欧という環境で育ったからこそ、ブルーベリーに勝るアントシアニンの量を得ることができるのです。

 

おすすめ目のサプリランキングへ

 

 

ブルーベリーとビルベリー

大正ブルーベリー,モニター,お試し

 

目によいとされる、ブルーベリーのサプリメント。

 

ブルーベリーのはずなのに、ビルベリーを使用しているものがあります。
ブルーベリーとビルベリーは、はたして同じものなのでしょうか。

 

ブルーベリーもビルベリーも、同じツツジ科の植物です。
しかし、その原産地も形も違っています。
どんな違いがあるのか見てみましょう。

 

ブルーベリーは、北アメリカが原産です。
食用として品種改良が進められ、現在では、300を超える種類があるのだとか。
1.5から3メートルの木に、紫色の実をつけます。

 

一方ビルベリーは、北欧が原産。
こちらは、現在でも野生種です。
数十センチの低木に、ブルーベリーよりも濃い紫色の小さな実をつけます。

 

さて、ブルーベリーやビルベリーといえば、アントシアニンですよね。
アントシアニンの含有量には違いがあるのでしょうか。

 

アントシアニンをより多く含むのは、ビルベリーのほうだといわれています。
紫色の濃さが証拠ですね。

 

アントシアニンは、いろいろな果実や野菜に含まれています。
りんごやぶどう、紫きゃべつや紫いもなどがそうですね。

 

その中で最もアントシアニンが豊富なのが、ビルベリーなんです。
ビルベリーは、アントシアニンの王様といえるでしょう。

 

ブルーベリーのサプリを選ぶときには、ビルベリーが材料として使われているほうがよいのかもしれません。

 

大事なのは、エキスの量よりもアントシアニンの量ということになりそうです。
食べるならブルーベリー、サプリならビルベリーといった感じでしょうか。

 

おすすめ目のサプリランキングへ

↑ PAGE TOP